誰もが教育を受ける権利を持っていなくてはなりません。

社会における共通の価値観を育む教育

他人への理解を示すためにも不可欠である教育

社会における共通の価値観を育む教育 誰もが教育を受ける権利を持っていなくてはなりません。日本を含めた先進国、また他の多くの諸外国では、その環境が整っています。しかし、いまだまともな学習環境を与えられていない子どもたちが多くいるということは、あまり意識することがないかもしれません。多くの諸外国で小さな頃における教育は義務化されています。これは様々な科目の学習を通して、様々なことを知り、自分の頭で考え、それを他人と共有する訓練のひとつであるという定義に基づいてのことです。

これが幼少期に欠けてしまうと、自分の頭で考えるということが困難になり、時として話し合いや議論という場を持つことが不可能になる傾向があります。他人への理解を示すという行為も、学習などを通して培われる人間としての基本的な能力であるので、教育という場は人間性のある人間を育むために必要不可欠です。多くの人は、これを知らず知らずのうちに身につけ、活用しています。これが社会というものなのですが、これが当たり前なわけではないということを同時に意識しておくべきでしょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2019社会における共通の価値観を育む教育.All rights reserved.