教員になりたいと考えていた人は、小さい頃からの夢として持ち続けていた方が多いのではないのでしょうか。

社会における共通の価値観を育む教育

社会人になったからでも教育に携わる機会はある

社会における共通の価値観を育む教育 教員になりたいと考えていた人は、小さい頃からの夢として持ち続けていた方が多いのではないのでしょうか。けれども大学受験失敗など何らかの理由であきらめざるを得なかった、そんな方もいるでしょう。そうした方には二度とチャンスはないようにも見えますが、実はそうではありません。基本的なこととして、教員になるには大学に行きます。大学というと高校卒業後の現役生が通うのが一般的です。けれども通信制の大学もあり社会人になったあとに通っている方もいます。そして、その中には教員免許を取得することができる大学もあります。決められた授業を受け単位を取得することで免許を取得することになります。有名なところですと教育実習が挙げられます。ですので、しばらく社会人として経験を積んだ後に大学に通い、教員免許を取得して教壇に立つということも可能です。

ただし、どの学部でもすべての教科の免許が取れるわけではなく、たとえばこの学部ならこの教科というふうにある程度決まっています。仕事をしながら大学に通うというのは時間的にも体力的にも相当な努力を要しますが、社会人になってからでしか得られない知識や経験は、まだ社会にでていない生徒にとっては新鮮で魅力的にうつるのではないでしょうか。もう若くはないからという理由で教員という夢をあきらめることはないかもしれません。
Copyright (C)2019社会における共通の価値観を育む教育.All rights reserved.